企業情報

沿革

1988年 9月 商号(株)マーデックス(英文名:MARDECS Ltd.)として設立。
1995年 9月 本社を東京都港区海岸三丁目18番1号ピアシティ芝浦ビルに移転。
1995年 12月 資本金1億円(発行株式2000株)に増資。
1996年 1月 商号を(株)エム・オー・マリンコンサルティング(英文名:M.O. Marine Consulting, Ltd.)に変更。
1996年 4月 ビジュアル操船シミュレータ導入、運用開始。
1999年 4月 株主名変更、大阪商船三井船舶(株)とナビックスライン(株)の合併により、(株)商船三井100%所有となる。
2000年 4月 ナビテコ(株)およびナビックスマリンセーフティサービス(株)と合併。
2002年 5月 IMO STCW95(1995年改正、船員の訓練等に関する国際条約)の要件を満たすシミュレータに換装。
2002年 12月 シミュレータに二船間の操船が可能となる第二船橋を増設。
2005年 10月 国土交通省から強制水先免除制度(PEC)操船シミュレータ講習実施機関に認定。
2007年 4月 関西事務所を神戸市中央区海岸5番地 商船三井ビル内に開設。
2010年 4月 商号を(株)エム・オー・エル・マリンコンサルティング(英文名: MOL Marine Consulting, Ltd.)に変更。
2012年 6月 水平視野角360度・下方視野拡張型操船シミュレータへ改装。
2013年 4月 九州事務所を北九州市門司区本町1番5号 Port Moji 壱番館内に開設。
2013年 12月 (株)商船三井より船員教育訓練業務を受諾。
2014年 7月 広島事務所を広島市南区的場町1丁目3番6号広島的場ビル内に開設。
2014年 10月 (株)MOLケーブルシップと合併。商号を(株)MOLマリン(英文名 MOL Marine Co., Ltd.)に変更。
2016年 11月 MOLマリン Manila駐在員事務所を開設。

ページ上部へ